福岡の神社とお寺 特集サイトへようこそ!
福岡の神社とお寺

神前挙式流れ :福岡の神社



神前挙式の流れ(式次第)は、 各神社やホテルで基本的にはさほど違いは ありません。

代表的な流れを紹介します。

@入場

式場の係りの先導により、
新郎新婦、
媒酌人、
両親、
親族の順番

で入場します。

入る場合に、神社によっては、 手と口を水で清める儀式がある ところがあります。

A修祓の儀(しゅつばつのぎ)

斎主が入場し、典儀が式の始まり を告げます。

斎主が神に二人の結婚を伝えます。

(修祓の儀は 神前結婚式で最も重要な意味を持ちます)

身を清める儀式として、 斎主による修祓(清め)のおはらい を受けます。

B祝詞奏上(のりとそうじょう)

神殿に入った後、席に座って、 神主による新郎新婦、 参列者に対してお祓いが行われ、 祝詞(のりと)が読み上げられます。

C三献の儀

三三九度の杯を交わし、夫婦の契りを交わします。 飲み方は、一杯を三口で飲みます。

杯を交わす順番
  小杯 − 新郎→新婦→新郎
中杯 − 新婦→新郎→新婦
大杯 − 新郎→新婦→新郎

花婿・花嫁が、盃をかわして、 これから夫婦としてやっていく誓いを 立てる儀式です。

D誓詞奏上(せいしそうじょう)

盃を交わしたあと、新郎新婦が、 指輪の交換を行って、誓いの言葉が 読み上げられます。

E玉串奉奠

新郎新婦は神の前に進み、 玉串をささげて、二礼二拍手一礼 をします。

新郎新婦の後に、媒酌人夫妻、 両家代表者が同様に行います。

新郎新婦が玉串を神前に供えた後で、 2回礼、2回手を合わせ、 そして最後に1礼する儀式が行われます。

F指輪の交換

まず、新郎が新婦の左手薬指に指輪をはめ、 次に新婦が新郎に指をはめます。

G親族盃の儀

列席者全員がお神酒を飲みます。

飲み方は、
巫女の合図で三口に分けて飲みます。 両家の親族が盃をかわし、

H斎主のあいさつ

斎主より祝福の言葉と、挙式の終了 が告げられます。

斎主による挨拶が行われ、退場という流れ になります。

I退場

新郎新婦が退場し、次に親族が退場します。

(しきたりによっては、その場で 親族照会が行われる場合もあります)


  「福岡の神社とお寺カテゴリTOP」へ戻る


  通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

福岡の神社とお寺  特集サイトへようこそ!
MENU