福岡の神社とお寺 特集サイトへようこそ!
福岡の神社とお寺

桜井神社 :福岡の神社



桜井神社は糸島地区では一番有名な神社ではない でしょうか。

1610年6月1日から2日早暁に桜井を中心に 雷鳴轟く大豪雨が降り、岩戸神窟が初めて 開いて霊験あらたかな神様が出現されたことから、 この地に岩戸神社が祀られたそうです。

当時、桜井神社は「與止妃大明神(よどひめだいみょうじん)」 と呼ばれ、歴代黒田藩主の崇敬社とされてきました。

明治時代から桜井神社と呼ばれるようになった とのことです

桜井神社に祀られている神様は、
神直日神・大直日神・八十枉津日神
の3神です。

神直日神(かむなおひのかみ)と
大直日神(おおなおひのかみ)は、
妻の伊邪那美命に追われ、黄泉国から 現世へ逃げ帰った伊邪那岐命が、 死の国の穢を祓うために橘小門の 阿波岐原で禊ぎをしました。

その禍(穢れ)を直そうとして化生したのが、 神直日神と大直日神の2神と 伊豆能売神です。

この神直日神と大直日神の2神は、 共に禍をなおす神様なのです。

八十枉津日神(やそまがつひのかみ)は、 またの名を大禍津日神(オホマガツヒノカミ)、 大屋毘古神(オオヤビコノカミ)ともいい、 穢れを祓う神様です。

またの名を瀬織津比メ神ともいわれ、 祓戸(はらいど)神であり、 世の禍事罪穢れを祓ってくれる善い神様です。

桜井神社には
岩戸宮を祀っている本殿・拝殿などとは別に、 大神宮があります。

社殿の西南奥、光寿山のふもとには 伊勢皇大神宮(いせこうたいじんぐう)の分霊を祀る 桜井大神宮が鎮座します。

この大神宮は、1625年(寛永2年)藩主忠之公のときの造営で、 現在の「桜井神社本殿」の創建よりも前につくられました。

伊勢皇大神宮といえば、天照大神(あまてらすおおみかみ) が祀られている神社です。

ちなみに、この神様は太陽神、皇祖神、日本の総氏神といわれ、 あらゆる神徳を発揮する万能の神様です。

JR筑肥線 筑前前原駅、昭和バス「桜井」より徒歩10分


  「福岡の神社とお寺カテゴリTOP」へ戻る


  通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

福岡の神社とお寺  特集サイトへようこそ!
MENU