福岡の神社とお寺 特集サイトへようこそ!
福岡の神社とお寺

高良大社 :福岡の神社



全国にある6つの国幣大社の内の一つです。

正面は131段の急な石段です。
(よく近隣の学校の部活動で上り下りしてます。

高良会館の展望台からは筑紫平野が一望できる 見晴らしの良い神社です。

高良山全体に広がる数々の史跡や神社もなかなかのものです。

この山一体は古代の九州の地にあって全体が見渡せる 広い風景の中、政治から位置的に交通の要、 また古墳も二つあります。

高良山にはもともと高木神(=高御産巣日神、高牟礼神) が鎮座しており、高牟礼山(たかむれやま) と呼ばれていたが、 高良玉垂命が一夜の宿として山を借りたいと申し出て、 高木神が譲ったところ、玉垂命は結界を張って鎮座した との伝説がある。

現在もともとの氏神だった高木神は麓の二の鳥居の 手前の高樹神社に鎮座しています。

高良神は、藤大臣連保なり、神号を高良玉垂命という。 干珠、満珠をもってささげしむる故に玉垂と号し、 住吉明神の化身なり(「諸神根元抄中巻」)といった記事である この藤大臣が千珠・満珠をもって新羅軍を降伏させた、というのが, 「高良玉垂宮縁起」にあるようです。

謎謎です。神秘的ですね。

「筑後国一の宮・九州総社・鎮西十一ヶ国の宗廟」 と称えらていたそうです。

蒙古が襲来し、それを撃退した時は当時の朝廷より、

『天下の天下たるは、高良の高良たるが故なり』 (天下が安泰に、人々が平和に暮らせているのは 高良大社が高良大社であるからです)

とのお言葉を頂いた。

ご祭神は、色んな説があるらしいのですが、今の所、

高良玉垂(こうらたまたれ)の命=武内宿禰(たけのうちのすくね)様

との説が一番有力だそうです。

ご祭神:高良玉垂命(こうらたまたれのみこと)
 配祀:八幡大神(はちまんおおかみ)
     住吉大神(すみよしおおかみ)


【高良大社】筑後国一之宮

高良大社のホームページ
http://www.kourataisya.or.jp/

【神籠石(こうごいし)】(国指定史跡)

御本殿の背後から山裾まで約1500mにわたって、 1300個の巨石が神域を取り囲むように つらなっています。

【馬蹄石(ばていせき)】

高良の神が御鎮座のはじめ、神馬の蹄(ひづめ)の跡を 残されたと伝えられる巨石で、 古くはこの石が「神籠石(こうごいし)」と 呼ばれていました。

【奥宮】

「奥の院」と呼ばれる、霊水が湧く聖地で、 高良大社の奥宮です。

諸願成就の神として民間の信仰きわめて驚く、 現在も「寅」の日には多数の参拝があります。

古くは「高良廟」「御神廟」と称し、 高良の神である武内宿祢の葬所と伝えらていて、 拝殿の左下から湧き出している霊水は、 「高良大社奥宮の勝水」と呼ばれ ています。


  「福岡の神社とお寺カテゴリTOP」へ戻る


  通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

福岡の神社とお寺  特集サイトへようこそ!
MENU