福岡の神社とお寺 特集サイトへようこそ!
福岡の神社とお寺

十日恵比須神社(とおかえびすじんじゃ) :福岡の神社



十日恵比須神社(とおかえびすじんじゃ)は、
福岡県福岡市博多区にある神社である。

事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)と
大國主大神(おおくにぬしのおおかみ)の
二柱をお祀りしています。

事代主大神は「えびす様」、
大國主大神は「だいこく様」
という呼び名で広く知れ渡っており、 最も親しみのある神様です。

社伝によれば、

香椎宮大宮司家の武内五右衛門(平十郎)は 分家して「神屋」と号して博多で商売を営んでいたが、 天正19年(1591年)1月3日、香椎宮・筥崎宮を 参拝したとき、香椎浜に流れついた恵比須神の 神像2体を得た。

それを自宅に持ち帰って祀ったところ家運が隆盛。

翌年の文禄元年(1592年)1月10日、 平十郎が神像を拾い上げた場所に社殿を設けた。

そののち元和元年(1681年)11月15日、 四代目平十郎が創建90年にあたって 千代の崇福寺境内に社殿を再建する。

昭和4年(1929年)には 東公園整備に伴って現在の地に遷座するとあります。

全国的にも非常に珍しく出雲大社から御分霊を 迎えて合祀されています。

有名な「十日恵比須正月大祭」は、

正月三が日を過ぎて福博の街で最初に行われる お祭りです。

毎年1月8日から1月11日まで正月大祭が執り行われます。
8日が「初えびす」、
9日が「宵えびす」、
10日が「正大祭」、
11日が「残りえびす」
と呼ばれ、正月大祭期間中は福引きや芸妓かち詣りなどが有名。

恵比須神社は本来、
漁業と深い関係にありますが、どちらかというと 十日恵比須神社は“商人色”が強いようです。

漁業でも“流通”関係が目立っており、 起源との関連をうかがわせます。

又、本殿で行う神前結婚式も1日2組限定で行っています。

http://www.tooka-ebisu.or.jp/index.html


  「福岡の神社とお寺カテゴリTOP」へ戻る


  通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

福岡の神社とお寺  特集サイトへようこそ!
MENU