福岡の神社とお寺 特集サイトへようこそ!
福岡の神社とお寺

宗像大社 :福岡の神社



宗像大社は出光興産など多くの企業からの 崇敬の厚い神社です。

宗像大社は派手な装飾はなにもない神社ですが、 華美で明るく、薫りたつような感じのする 神社です。

宗像三女神(さんにょしん) の一柱、 辺津宮(へつみや)の御祭神である 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)はあの弁天様 といわれ、宗像大社は全国の弁天様の総本宮とも 云えるようです。

また、高宮へと続く宗像山入り口に、沖津宮、 中津宮の御分霊をお祭りする、

・第二宮(沖津宮(沖ノ島)の御分霊

・第三宮(中津宮(大島)の御分霊)

が鎮座しています。

この宮は唯一神明造の社殿です。

そう、あの伊勢神宮の伊佐奈岐宮 (いざなぎのみや)と同じ造りです。

私が初めて宗像大社にいったのは、 伊勢神宮に参拝したあと でしたので、感動しました。

また、その奥には、 「高宮祭場」があります。

私が一番好きな場所です。

宗像大神ご降臨の地と伝えられて居る場所で、 神籬(ひもろぎ)・磐境(いわさか)という お祭りの原点を今に残す、全国でも数少ない 古代祭場です。

行ってみるとわかりますが、
「ただならぬ雰囲気を感じます」
まさに、神域浴という感じ!

そして、その先の山の上には、小さな祠 があります。

ただ、この祠にはなんの説明もなく 分かりませんでしたが、 綺麗に整備されています。

【御祭神と由緒】

宗像大社は天照大神の三柱の御子神を おまつりしています。

この三女神のお名前は、
田心姫神(たごりひめのかみ)
湍津姫神(たぎつひめのかみ)
市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

と申し上げ、

沖ノ島の沖津宮には田心姫神、

大島の中津宮には湍津姫神、

田島の辺津宮には市杵島姫神

がそれぞれおまつりされています。

この三宮を総称して宗像大社と申します。

『神勅』:

日本書紀の一書(あるふみ)によると、 天照大神は天孫降臨に先立ち、三柱の御子神 に対し、初めて御神勅を下され、 『汝三神(いましみはしらのかみ) 宜(よろ) しく 道中(みちのなか)に降居(くだりま) して、天孫あめみま を助(たす)け奉(まつ) りて、天孫(あめみま)に 祭(いつ)かれよ』

御親の神、天照大神は国づくりの前に、宗像の神に 「歴代の天皇をお助けすると共に歴代の天皇から 篤いおまつりを授けられよ」と示された。


  「福岡の神社とお寺カテゴリTOP」へ戻る


  通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

福岡の神社とお寺  特集サイトへようこそ!
MENU