福岡の偉人 特集サイトへようこそ!
福岡の偉人

福岡の偉人!平野國臣



福岡藩士:平野国臣

「我が胸の 燃ゆる思ひに くらぶれば 煙はうすし 桜島山

とよんだ幕末の志士です。

幕府から逮捕命令が出された 勤王僧月照とともに 薩摩に入り、月照と心中を 図った海から西郷隆盛を 引き上げた男です。

また、
「君が代の 安けかりせば  かねてより 身は花守 となりてんものを」

=国が平和だったなら、 自分は詩人や文学者のような 芸術家になっただろうに」

という歌も残しています。

平野國臣の最期は、 但馬義挙に失敗し逃げる途中 に捕縛され、 京では禁門の変がおき、 役人達は牢が破られて はと、

元治元年7月、六角牢にて 近藤勇に率いられた 新撰組らに殺されてしまいます。

平野國臣の見た桜島の煙とは どのようなもの であったのでしょう。


  「ホームページTOP」へ戻る


糖尿病に、世界が認めた白井田七

  福岡の偉人 メニュー

  明石元二郎

  月形洗蔵

  野村望東尼

  臼井六郎

  金子堅太郎

  通販メニュー[URL]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

福岡の偉人 特集サイトへようこそ!
MENU