中年(40代50代)男性が急に酒が弱くなる原因とは

仕事ができる人に演出する皮革アイテム

↓↓詳しくはクリックを↓↓
ブライドル ダレスバッグ

■「最近、酒が抜けない!」(>_<)


「歳をとって、酒が弱くなった」

「お酒を飲むとすぐに胃にくる」

「二日酔いがひどくなった」


中年男性にはこんな悩みを抱えている方も 多いようです。

加齢と共にお酒の分解能力が低下してくると 血液の中に毒性の強いアセトアルデヒドが残りやすくなります。

これが酒が抜けない原因です。

このアセトアルデヒドの分解をしてくれるのが肝臓。

ですが、肝臓も加齢と共にパワーが衰えていきます。

ということは、肝臓の数値が悪くなっているかもしれません。

健康診断では肝臓の数値は要注意です!

そして、何かしらの対策を取ることが大切です。

⇒[URL]異例のメガヒットサプリメント『肝パワー』

■酒が抜けない原因と仕組み

二日酔いの原因は、大量のアルコールとアセトアルデヒドが 肝臓で十分に処理されないことです。

胃と小腸で吸収されたアルコールは、血管を通って肝臓に運ばれ、 アセトアルデヒドという毒性がある物質に分解されます。

これがアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酢酸に変わり、 筋肉や脂肪組織などで水と二酸化炭素に分解され、呼気や尿として 排出されます。

分解されてできたアセトアルデヒドは、血管の拡張作用、 心拍数の増加、吐き気、頭痛などの作用を持ち、 顔が赤くなったり、俗に言う「酒に酔う」状況になります。 ます。

深酒をすると、肝臓が処理しきれずに、朝起きてもアセトアルデヒド が残った状態、つまり『酒が抜けない』、二日酔いになるのです。

また、アルコール代謝時には大量の水分と糖質が消費されることから、 脱水と低血糖に伴う頭痛を感じることがあるのです。

他にも、アルコールやアセトアルデヒドによって胃の粘膜が荒れ、 胃腸の動きが悪くなるため、胃痛、胸やけ、吐き気と いった症状もあらわれてしまいます。

中高年が酒が抜けなくなる原因


そんなに多くの量のお酒を飲んではいないのに、 若い頃より、酒が抜けない!

翌日は頭がガンガンと痛み、吐き気や喉の渇きなど 一日中ずっと不快感が続く。

ショックです!

酒が抜けない!その原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

(1)アルコールの分解・代謝機能が低下


加齢により代謝機能が落ちると、肝臓での分解機能が低下してしまうため、 以前よりも酒が抜けにくくなり、二日酔いになりやすくなります。

また、中年になると冬、乾燥肌がきつなるように、若い時に比べて、 体内の水分量が少なくなるため、アルコールを代謝するときに必要な 水分が足りなくなり、お酒に弱くなると考えられます。

(2)筋力の低下


筋肉は脂肪と比較すると多くの水分とグリコーゲンを含むため、 血中アルコール濃度を上がりにくくする働きがあります。

運動選手が比較的お酒に強い人が多いですよね。

普段から運動やトレーニングをすることで吸収したアルコール濃度を 低下させることができます。

(3)脂肪肝


アルコールは脂肪に溶けにくいので、中年太りしてしまった場合には、 体脂肪率の高い人は低い人より体に占める水分の割合が低くなり、 血中アルコール濃度が高くなるとも考えられます。

「脂肪肝」とは、食べ過ぎ・飲み過ぎで肝臓に送られる脂肪酸が増え、 肝臓に脂肪が蓄積する病気のことです。

これで、肝機能が低下します。

飲酒による脂肪肝をアルコール性脂肪肝といいます。

健康診断で脂肪肝と診断されたら、 基本的に食事療法と運動療法などで脂肪肝対策を行いましょう。

ほっておくと、「肝硬変」まで悪化することもあります。

健康診断:肝臓の数値


肝臓が健全に働いているかどうかは、肝機能を調べる血液検査 で分かります。

肝機能を調べる血液検査項目はたくさんありますが、

健康診断を含めて、代表的な検査は ALT(GPT) 、AST(GOT) 、γ-GTPです。

ALTやASTは肝細胞や心筋、骨格筋の細胞に多く含まれているために、 これらの病気の指標になります。

γ-GTPはアルコール性肝障害の指標として有名ですね。

アルコールを毎日たくさん飲む人は、γ-GTP値が基準値を 超えて高くなります。

■ALT(GPT)、AST(GOT)


31 IU/L以上は肝細胞が障害を受けている可能性があります。

■γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)


51 IU/L以上は肝機能異常の疑いがあります。

お酒の飲み過ぎ・肥満やある種のお薬などにより、 γ-GTPがたくさんつくられるようになります。

また、肝臓内の胆汁うっ滞や胆管細胞の破壊が生じるたときも、

γ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。

酒が抜けやすくなるお酒の飲み方


健康診断で肝臓の数値が悪い場合は、禁酒することになるでしょうが、 そこまでひどくないときで、どうしても飲酒が必要な時は、酒が抜けやすい、 肝臓に負担の少ない飲み方を普段から心がけましょう!

(1)お酒を飲む前に「水分補給」をしておこう!


アルコールが最終的に二酸化炭素と水まで分解されるのには、 大量の水が使われます。

飲んだアルコール量と同じかそれ以上の水分を摂るようにしよう。

お酒を飲むと体内の水分が失われ、脱水症状を起こします。

それは、脱水は頭痛や吐き気、だるさの原因になります。

これを防ぐためには、事前に水分をたっぷり補充しておくこと が大切です。

お酒には強い利尿作用があり、飲めば飲むほどのどが渇くので、 またお酒を飲んでしまうという悪循環に陥るからです。

これを防ぐには、飲み会の前にペットボトル1本分ぐらいの 水を飲んでおきます。

この時、利尿作用の強いカフェインを含む紅茶や緑茶、 コーヒーは避けましょう。

また、飲酒時も、お酒と同じ量の水分を摂るようにしましょう。

お酒を飲む間に水を一杯挟むだけで、脱水を防ぎ、 アルコールを飲むペースも調整できるのです。

(2)空腹状態で酒を飲まない


空腹状態でアルコールを飲むと、吸収が速まり肝臓には大きな負担 となります。

また、必ず何かを食べながら、お酒を飲みましょう。

また、肝臓がアルコールを分解するときに、たんぱく質やビタミン類、 ミネラル類(とくに亜鉛)が消費されます。

そのため、おつまみで大豆食品(豆腐料理、枝豆、煮豆、おからなど) や野菜・果物、ナッツ類を食べ、上手に栄養補給をしましょう。

二日酔いを防ぐ作用があるビタミンCが豊富な「枝豆」はおすすめです。

豆腐や枝豆などは、たんぱく質も豊富で低カロリーです。

・冷奴


肝臓のアルコール分解能力を高める良質の植物性タンパク質が多く、 ネギなどの薬味の香り成分アリシンが肝臓を助けてくれます。

・果物


果物に含まれる果糖には、アルコールの分解を助ける働きもあります。

肝臓はアルコールを分解する間、その作業に集中する為、 通常時に行う糖分の貯蔵を行うことができません。

その結果、糖分が不足し二日酔いになりやすくなります。

飲酒中や飲酒後にある程度の炭水化物、糖分を取り、 低血糖症が原因の二日酔いを予防できます。

・シジミのみそ汁


肝臓で作られる胆汁の分泌を増やし、アセトアルデヒドの分解を促す タウリン、オチアミンなどを含むシジミのみそ汁を飲むといい

・ホウレンソウのゴマあえ


ホウレンソウは、肝臓にたまる活性酸素を抑え、 肝機能を高めるビタミンAを豊富に含有。

アルコールを分解する過程で大量に消費するビタミンAが補給できる。

ゴマに含まれるセサミンは活性酸素を強力に除去してくれ、 アルコール代謝やアセトアルデヒドの解毒作用の強化につながります。

・山芋やオクラなどネバネバした食材


ネバネバの正体、ムチンには胃や腸の粘膜を保護する働きがある

・モズク酢


モズクに含まれるフコイダンが肝機能を高め、有害物質の分解・排出を促す。

酢は、肝臓の働きを活発にし、代謝機能を促進してくれます。

・焼酎には梅干しを入れる


梅には、肝機能を高め、アセトアルデヒドの分解を助ける ピクリン酸が含まれている。

飲んだ後に、梅干し入りのお茶漬けを食べるのもおすすめです。

・コーヒー、緑茶


頭痛かキツイ方は、コーヒーや緑茶を飲むと軽減できる可能性が あります。

頭痛は、アセトアルデヒドが脳の血管を拡張、周囲の神経が刺激されて 起こりますが、コーヒーや緑茶には血管を収縮させる作用があるため です。

とくに緑茶は、アセトアルデヒドの分解を促進するビタミンや カテキンも豊富ですので、酒席の前や途中に飲むとよいでしょう。

・水分補給


「水分」でいえば、

家に帰ってきて、今にも眠ってしまいそうな状態でも、 できるだけ水を飲みましょう。

スポーツドリンクであれば、アルコールによる脱水症状を改善する と同時に、、体の中から失われた塩分などの電解物質が補えます。

夜、トイレに起きるようなら、そのたびに水を1杯飲みましょう。

「トイレが近くなるから」と飲まないのは危険です。

脱水状態で寝てしまうと血液の中の水分も当然減っていますから、 就寝中の心血管・脳血管障害を引き起こすリスクが高まってしまい ます。

特に、夏場は汗もかきますので水分補強対策は必ず必要です!

(3)ゆっくり時間をかけて飲もう


普通の人がビール大瓶1本や日本酒1合に含まれる アルコールを代謝するには約1時間かかるといわれています。

飲酒のスピードが速いと酒量が増え、自分が酔う量を飲んだこと に気づかず、適量を超えてしまいます。

酒に強くても、アルコール代謝にかかる時間は、 それほど個人差はないので、代謝時間を考えて飲みましょう。

おすすめ酒が抜けない!二日酔い対策


しかし、深酒してしまい「酒が抜けない」ときの二日酔い対策を列挙してみます!

(1)まずは、水分補給


二日酔いの朝は、まず、スポーツドリンクなどで水分補給をしましょう。

温度は、体を冷やさない、常温あるいは、温かいものがいいでしょう。

アルコールによる脱水症状を改善し、体の中から失われた塩分など の電解物質が補えます。

アセトアルデヒドの分解に役立つ糖分やビタミンC、ビタミンB1など ビタミンが配合されているものがベストです。

緑茶に含まれるタンニン、オレンジジュースなどに含まれる ビタミンCは、体の中に残っているアセトアルデヒドを分解・ 排出するのに効果的です。

また、ウコンドリンクなら、ウコンに含まれるクルクミンには、 アルコールとアセトアルデヒドの分解を速めると同時に、 アセトアルデヒドの排出に必要な胆汁の分泌を促す作用も期待できます。

とくに、「醗酵ウコン」は、クルクミンの吸収率が高いようです。

(2)使い捨てカイロなどで肝臓のあたりを温める


アルコールを摂取したときに一番働かなければならないのは肝臓です。

肝臓によってアルコールを分解し、無毒化するという作業がとても重要!

肝臓(だいたい右胸のすぐ下、あばら骨の下のへその横あたり) を温めてあげると肝臓の血流が増加して肝機能が高まるといいます。

ただし、カイロを肌に直接はるなどはせず、衣服の上から温めるように しましょう

(3)深呼吸をする


アルコールが分解されてできる二酸化炭素、未分解のアルコールの 大半が呼気によって肺から体外に排出される。

より多くの酸素を取り入れると、アセトアルデヒドの分解も促進される

(4)胃腸薬


胃腸薬 胃腸が荒れて胃痛や吐き気をもよおす場合には、 胃腸薬も有効です。

(5)安静にしよう


代謝に必要な血液を肝臓に集めておくためにも、 安静にしましょう。

肝臓の機能を強化する「亜鉛」成分


肝臓そのものの機能を強化することは、 アルコール、アセトアルデヒドの分解を早めることになり、 「酒が抜けない」状況を緩和してくれます。

肝臓は年齢とともにその機能が弱まり、分解力が衰えてきます。

特に、亜鉛はアルコール摂取によって、アルコールを分解するために、 大量の亜鉛を消費するため重要です。

アルコールは、一般的に肝臓で分解されて、有毒物質を体の外へ排出 するのですが、これらの働きに亜鉛も関っているのです。

そのため、亜鉛を摂取してあげることが肝臓ケア対策となるのです。

肝パワーEプラスは、肝機能の低下、健康診断の数値などに不安を感じている 人におすすめの人気No.1肝臓対策サプリメントです。

肝パワーには牡蠣エキス・にんにくエキス・梅エキスといった 肝臓ケア成分が凝縮しており、いくつもの種類のサプリを飲むより、 これ1つで賄うことができます。

牡蠣には、なんと亜鉛がスッポンの8倍!

現在600,000袋売れています!


肝臓に負担をかけるお酒を辞めたいけど止められない!

▼最近、酒が抜けないとお悩みの方におすすめ肝臓強化サプリ▼

詳しくは⇒[URL]異例のメガヒットサプリメント『肝パワー』



いかがでしたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。

では、肝臓ケアで楽しい毎日を手に入れてください!

▼▼おすすめ悩み解決[PR]▼▼

乳酸菌とは

今がお徳!ツタヤレンタル

便秘の方に

加齢集臭が気になるなら

防災グッズに一気に揃う

特許取得!育毛剤

背中ニキビ!大丈夫?

花粉症にじゃばら

痛風でお悩みの方必見

赤ら顔対策

超音波&EMS(痩身)



TOPページへ戻る ⇒ 中年(40代50代)男性が急に酒が弱くなる原因とは


Copyright © 2011 中年(40代50代)男性が急に酒が弱くなる原因とは. All rights reserved.

特定商取引法に基づく表示