年末年始の大掃除はレンタルを使おう!ダニ・ホコリ対策のコツへようこそ!

大掃除!ホコリ・ダニ・カビに気をつけて!


部屋中に積もっていたホコリ・ダニが舞い上げて

しまうと、掃除機では吸い込むことができなくなります。

大掃除で一番注意しなければならないのが、ダニ

人がダニを吸い込み続けると、アレルギー体質となり、

気管支炎喘息などを起こす可能性もあります。

要注意です!

購入前のお試しに最適!まずレンタルでもいいし、

必要なときのレンタルもおすすめ!

ダイソン/掃除機、レイコップ/ダニクリーナー、ケルヒャー 高圧洗浄機 など年末大掃除に人気の商品がズラリ!

詳しくは⇒[URL]ecоな時代は買わずにレンタル!


年末年始の大掃除はレンタルを使おう!ダニ・ホコリ対策のコツ

大掃除前に!窓を開けるのはやめましょう!


大掃除をする前に窓を開けてしまうと、風の影響で部屋中に積もっていた

ホコリ・ダニが舞い上がってしまうため、掃除機では吸い込むことが

できなくなります。

絨毯にいるダニの数は、フローリングの約10倍といわれています。

たしかに、絨毯のダニは風に舞い上がりにくいですが、

注意するのにこしたことはありません。

特に、フローリングの場合、ホコリが舞い上がりやすいので、

絨毯の場合よりも人がダニを吸い込みやすくなります。

まず、窓を開ける前に、フローリングを水拭きし、

ホコリ・ダニの舞い上がりをおさえましょう!

また、最も注意が必要なのがカーテンです!

2枚組みのカーテンには、約2000匹のダニが生息する

こともあります。

カーテンのダニもまた、風の影響をうけて舞い上がってしまいます。

大掃除の前にカーテンをはずし、洗濯機で洗い流しましょう!


「窓」掃除のコツ


1.洗車ブラシ(またはハケぶらし)で埃を落とす
 (傷がつきにくい)

 まず、埃を落とす。水をかけると落ちずらくなる。

2.重曹水(水500mlに対して重曹が大匙2杯)
 を窓全体にたっぷりスプレーする。

3.スポンジで「コの字」型に拭く。

4.スクイージー(100円ショップで売っている)
 で汚水を集める。

 汚水が下に流れるように、少し右に傾ける。

5.化学繊維のクロスで水気を拭き取る。

また、窓の「サン」をふくときは


汚れは水気を帯びると「だま」になると、余計に手間がかかります。

この汚れにはカビの菌が含まれているため、

カビは雑巾の水分を吸って、増殖するため、水拭きは逆効果です。

サンの掃除は、乾いた状態でおこないましょう。

「逆十字歯ブラシ」は、

古歯ブラシの首の部分をライターなどで温め曲げたもの。
をつかえば便利です。


お風呂掃除のコツ


まず、クエン酸水(クエン酸を水に溶かしたもの)を

吹きかけます。

クエン酸水は匂いが無いので、お風呂場などにおいの

こもりやすい場所に最適です。

クエン酸水(酸性)は石鹸カス(アルカリ性)を中和して

汚れを浮かしてくれます。

・そして、ブラシで凸凹したタイルの汚れまでしっかりかきだします。

クエン酸(レモンや酢に含まれている酸味のもと)で
100円ショップでも購入できる。
*注意 クエン酸水は塩素系の洗剤と混ぜてはいけません。

「お風呂場のカルキの汚れ」は、


クエン酸水に30分つけ置き、歯ブラシでこすると落ちる。

また、浴槽の汚れは、湯のラインに沿って水垢がたまります。

最初にお湯を抜いてしまうと、汚れが下へ広がってしまい逆効果!

お湯をためたまま洗剤を撒くと、水垢ラインがゆるみます。

まず、お湯のラインに洗剤を撒きしばらく待ち、

そして、洗剤を撒いた部分の汚れを落としてから、お湯を流すと

汚れが広がらず掃除することができます。

風呂場で洗濯物を干すこともあるでしょう。

しかし、浴室の天井は

リビングに比べて、約100倍のカビがいるので、

カビだらけの天井で洗濯物を干すのはおすすめできません。

天井のカビは胞子をばらまき、洗濯物に付着すると悪臭の原因

となります。

風呂場の天井のカビは、カビとり剤などをつかい乾拭きしましょう。

ちなみに、部屋の「天井・壁の埃」は、

ホウキにストッキングをつけて拭くと、静電気でとれます。


「蛇口の汚れ」の大掃除のコツ


トイレットペーパーをグルグル巻きにして、クエン酸水

その上から吹きかける。

30分間パックするようにして置いておく、

そして、ストッキングで裏面まで拭き取る。

その後、空ぶきをすると、きれいになります。


「レンジ」の中の油汚れ大掃除のコツ


みかんの皮(3個分)をレンジにいれて、3分加熱する。

その後、拭き取るときれいになります。

みかんの皮のリモネンは油を分解するため、加熱する

ことでリモネンがレンジの中に広がるのです。


ぬいぐるみの汚れは「粗塩」 を使って簡単キレイ


ビニール袋の中にぬいぐるみと粗塩を入れてよく振ります。

粗塩がぬいぐるみの毛の間にはいったダニなどを掻き出して

くれます。

消臭効果もあるのでおすすめです!


客用布団の大掃除のコツ


押入れにずっと入れっぱなしの布団はうじゃうじゃダニが繁殖

しています。

年1〜2回しか使わない布団には、

日常的に使用する布団の約2倍のダニが繁殖しているといわれています。

布団を干すと一部のダニは死ぬが、生きてようが死んでようが

ダニがいればアレルギー反応を起こしてしまいます。

<帰省先ダニアレルギーショック>


喘息やアトピー性皮膚炎の9割はダニが原因だといわれています。

症状は、くしゃみや皮膚のかゆみに始まり、

喘息へと悪化することもあり、

喘息をもつ子供の場合は、最悪な状況を招いてしまう。

ときには、死に至ることも。

布団を叩くのはかえって逆効です。

布団の両面に掃除機をかけましょう。

購入前のお試しに最適!まずレンタルでもいいし、

必要なときのレンタルもおすすめ!

ダイソン/掃除機、レイコップ/ダニクリーナー、ケルヒャー 高圧洗浄機

など年末大掃除に人気の商品がズラリ!

詳しくは⇒[URL]ecоな時代は買わずにレンタル!







いかがでしたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。




憧れのブランドを低価格でレンタルできる!DMM.comファッションレンタル!

  おすすめ映画

  フィルムノワール映画         

  マイケルマン映画         

  メルヴィル映画         

  黒澤映画         

  オススメ通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

年末年始の大掃除はレンタルを使おう!ダニ・ホコリ対策のコツへようこそ!
MENU