寝起きが悪い原因と対策!寝室の光で自然に朝スッキリ起きる方法へようこそ!

寝起きが悪い!(>_<)

寝室の光で自然に朝スッキリ起きる方法


寝起きが悪い人の中には、

目覚まし時計のアラーム音嫌いな方が多くいらっしゃいます。

脳も体も目覚めていないのに、アラーム音で叩き起こされる わけですから嫌いになるのは当然です。

アラームの音で叩き起されるより、 周りが徐々に明るくなってくるほうが、 自然な目覚めに近くなるといわれています。

これは、明るさが増してくると体温が少しずつ上がり、 目覚めに向けて脳と体の準備が促されるからです。

寝起きが悪い人は、寝室の光を活用して自然に目覚める 環境をつくるの寝覚めを良くするコツなのです。

詳しくは⇒[URL]目覚め快適!最先端プレミアム光目覚まし時計inti


寝起きが悪い原因と対策!寝室の光で自然に朝スッキリ起きる方法

寝起きが悪い原因とは!


寝起きが悪い原因は、

・睡眠不足による眠気

・嫌な仕事で朝起きるのが苦痛、疲れ、ストレス

・徹夜仕事が続いた後

・長い休暇からの復帰

・睡眠と覚醒のリズムが不規則

・不規則勤務

など様々ですが、寝起きが悪くなるのは、これらの原因により、 体温や血圧、ホルモン分泌など、他の生体リズムが狂ってしまうからです。

仕事が忙しくなり寝る時間が遅くなったり不規則になると、 睡眠不足が続きます。

そして、一日のリズムが大きく崩れます。

これは、忙しい時期が終わり、睡眠がとれるようになった にもかかわらずこの寝起きの悪さが続く場合があります。

ただし、規則正しい生活に戻れているにもかかわらず、 いっこうに寝起きの悪さが改善しない場合、

副腎疲労など、病気による寝起きの悪さも考えられるため、 早めに 通院して専門医で診てもらいましょう。


寝起きが悪い方は自律神経の切り替えが必要!


忙しい時期が終わり、ストレスから解放されている はずなのに睡眠がとれるようになったにもかかわらず この寝起きの悪さが続く場合があります。

これは、睡眠不足が解消されても、すでに体内リズムが狂い、 自律神経に不調をきたしてしまっているからです。

自律神経は、活動を促す交感神経と、 休息を促す副交感神経の働きによって、 一日のリズムを作っています。

睡眠中は副交感神経が支配していますが、 朝起きるときは交感神経が働くことで身体が活動に向かいます。


このリズムが一度狂ってしまえば、正常な状態に戻すまでに 時間がかかってしまいます。

そのため、時間に余裕ができ、睡眠をとる時間が十分に あるのに眠れなかったり、そのため朝起きれなくなり 寝起きが悪くなるパターンが習慣化してしまうのです。

この状態から改善するためには、 とにかく一定期間以上規則正しい生活を送ることが大切です。

1日2日程度では解消できません。

睡眠の時間をきちんと確保し、起床時間、食事のタイミングも 規則的にするようにしましょう。

目覚めるためには自律神経の切り替えが必要なのですが、 自律神経は、光からの刺激によって切り替えることができます。

寝ている時、呼吸は浅く、血圧は低く、呼吸筋以外の筋肉はほとんど 使われていません。

この時、自律神経は副交感神経優位、になっています。

これを交感神経優位にしないと目覚めることができません。

交感神経優位にすると、血圧が上がり、体を起こした状態 でも心臓の位置よりも上にある脳に血流が行くようになります。


寝起きが悪い対策!朝、日光を浴びるてスッキリ起きる方法


人間の体内時計は、朝、太陽の光とともにリセットされます。 1日が24時間であるのに対して、体内時計のサイクルは 25時間なのです。

したがって、1日のどこかでリセットをしないと、 毎日1時間ずつズレが生じることになります。

このズレを是正してくれるのが『太陽の光』です。

朝、日光を浴びると体は1日の始まりを意識し、 このズレていた体内時計をリセットしてくれます。

一方、朝に日光を浴びないと体内時計のズレは どんどん拡大していきます。

これが規則正しい生活リズムを崩すことになり、 結果、「寝起きが悪い。。」や 「朝、起きるのがつらい」要因となるのです。

光をうまく活用することは、寝起きが悪いあなたの 良い目覚めの助けになります。

晴れた日のオフィスの窓際は2500ルクス以上です。

そして、、朝、2500ルクス以上の光を浴びると、 脳の松果体で産生される睡眠誘発ホルモン、 メラトニンの分泌が抑制され、脳は覚醒していきます。

逆に、寝つきの悪い人は、 夜は照明を100〜200ルクス程度と暗めにすることで 寝つきの悪さが改善されます。

夕方から夜にかけて強い光を浴びると、 睡眠の時間帯が後ろにずれますので、良い睡眠に入れません。

このように寝るにも起きるにも『光』は重要な要素となります。

朝日を浴びて自然と目を覚ますのが本当はベストです。

朝は自然光が入るよう、カーテンを工夫した方が目覚めも良くなります。

しかし、日の出時刻は自分ではコントロールできません。

夏は4時台から明るいこともあり、起床時間より早く目が覚めて しまい、一日眠気がとれないことにもなりかねません。

だからといって、厚手のカーテンを使うと、朝の日光を 遮断してしまい、暗いままで起きられない。。という デメリットも心配です。

反面、冬は7時になっても暗い事もあります。

雨の日や雪の日は朝はもちろん1日を通してどんより 暗い。

朝日が差し込まない部屋もありますし、 カーテンの開けっ放しは女性にはできませんし、 防犯上よくありません。

また、女性は太陽の紫外線も気になる所だと思います。

ホント、寝室の光のコントロールは厄介なものです。 です!


寝起きが悪い対策!光目覚まし時計inti(インティ)


閉め切った部屋でも朝の「光」をコントロールしたい!

毎朝、音や振動の目覚まし時計のアラーム音に 驚かされて起きるのは嫌だ!!

ストレスなくスッキリ起きるなら『光』で起きる事が大切です!

このエナジーライトinti(インティ)は、

セットした時間の30分前からだんだん明るくなります。

朝、目覚めるために必要な2500ルクス以上という照度が 顔にあたり、自然な目覚めを促進してくれます。

「起こされる」と「起きられる」の違いが体感できる エナジーライトinti(インティ)は光で起こす 最先端の目覚まし時計です。

テレビや新聞200媒体で紹介された光で起こす目覚まし時計が フルモデルチェンジをして新登場!

詳しくは⇒[URL]目覚め快適!最先端プレミアム光目覚まし時計inti

使用者の声が多数掲載!詳しくは▼▼




いかがでしたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました!


「ノコギリヤシ」のチカラで、頻尿の原因物質をコントロール!
飲むだけで摂取できる簡単サプリメントです。

▼▼ 「近い」「キレが悪い」の悩みに!詳しくは ▼▼


中高年男性のスッキリを応援!ノコギリヤシサプリ

  寝起きが悪い頻尿の話

  頻尿とは

  頻尿の原因

  夜間頻尿

  尿漏れ

  子供頻尿

  オススメ通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

寝起きが悪い原因と対策!寝室の光で自然に朝スッキリ起きる方法へようこそ!
MENU