花粉症の悩みに役立つテレビで紹介された対策とは

仕事ができる人が持つべき皮革アイテム

↓↓詳しくはクリックを↓↓
ブライドル ダレスバッグ

■花粉症のお悩みにピッタリのこの「じゃばらサプリメント」とは


「じゃばらサプリメント」とは、

和歌山県北山村特産のじゃばらを利用した

花粉対策サプリメントです。

特許取得の北山村産のじゃばらを原料に各種メディアで

話題になっています!

この「じゃばら」が注目を浴びている理由は、

いまや国民病ともいえるほど多くの人が悩む花粉症を、

軽減する作用があると確認された柑橘だからです。

・目のかゆみ、鼻水が軽減された

・鼻の通りが良くなった

など嬉しい声多数!詳しくは⇒[URL]「北山村産のじゃばらサプリ。」



■「じゃばら」が注目を浴びている理由とは?

花粉症の季節になると注目を集めるこの「じゃばらサプリメント」は

希少な柑橘類から作られています。

じゃばらは、ユズと九年母、紀州みかんなどの自然交配種で、

もともとは北山村にしか自生していないことが認められた

「香酸かんきつ」です。

じゃばらの所以は、邪を払うと書いて「邪払」。

邪気を払うほど酸っぱいことからこの名が付いたともいわれています。

この「じゃばら」が注目を浴びている理由は、

いまや国民病ともいえるほど多くの人が悩む花粉症を、

軽減する作用があると確認された柑橘だからです。

花粉症へのモニター調査結果は

「じゃばら果汁は抗アレルギー作用を持つ」と発表され

マスコミによってTVテレビ放映されて人気沸騰となりました。

じゃばらに多く含まれる、フラボノイド成分「ナリルチン」

にアレルギー抑制効果があると言われています。

また、このナリルチンは他の柑橘類にも含まれていますが、

じゃばらの含有量が抜群のようです。


特に、果皮に多く含まれているそうです。

もちろん、どんなものでもそうですが、個人差があります。

ただ、何かしらの効果が現れる人が多数いるのも事実です。

・目のかゆみ、鼻水が軽減された

・飲んですぐに鼻の通りが良くなった

・花粉時期の数ヶ月前から摂取すると、花粉症状がほとんど出ない

などなど

和歌山県特産のじゃばらを利用した花粉対策サプリメントです。

いまや国民病ともいえるほど多くの人が悩む花粉症を、
軽減する作用があると確認された幻の柑橘「じゃばら」
への注目が集まり、テレビや雑誌などのメディアも殺到
詳しくは⇒[URL]「北山村産のじゃばらサプリ。」

特許取得の北山村産のじゃばらサプリメント▼▼




世界一受けたい授業!花粉症対策の新事実


今年は多くの地域で昨年よりも花粉の量が多いということです!

嫌ですね。。

東京都では3.5人に一人が花粉症といわれています。

しかし、悪いことばかりではありません。

花粉症の人はガンによる死亡率が52%も低いことがわかったそうなのです。

花粉症患者がガンに強いのは体内の免疫機能の過剰な反応を示す免疫機能が

活発なのでがん細胞の増殖を防ぐ力が強いのではないか?

と考えられています。

しかし、花粉症はつらいもの!

では、花粉症対策を見てみましょう!


花粉症対策


1.辛いものを食べる

鼻づまりをとるにはいい。

体の中の交感神経を興奮させると血管が締まることによって、

鼻の中の鬱血した粘膜も締まってくる。と、鼻の通りが良くなる。

(取りすぎに注意)

2.水道水で目を洗う

これは間違った対策。

目の細胞を傷つけてしまうことがある。

市販の涙の成分と同じもので洗う

3.冷たいおしぼりを目に置く

充血を抑え かゆみを落ち着かせてくれる

4.コンタクトからメガネにかえる

目に入る花粉の量 約40% 減少する

5.ワセリンを鼻の中に塗る

鼻の入口に塗ると花粉の侵入を防いでくれます

6.床をモップで水拭きをする

モップをそのまま放置せず、かならず洗い流しましょう!

花粉症対策にはスルフォラファンを多く含む食材を食べろ

○ブロッコリースプラウトは生で良くかんで食べるのが効果的

花粉症の目のかゆみを抑える

○飲むヨーグルト+ミカンの皮をミキサーに混ぜて飲む。

毎日2週間飲み続けることが大切

ミカンの皮:花粉症の炎症を抑えるノビチレン

1日、ミカン1個分の皮が必要、苦いので、三等分にする。

飲むヨーグルト:βラクトグロブリンも花粉症の炎症を抑える


鼻づまり解消法


1 鼻うがい

鼻うがい用ボトル(市販) 生理食塩水でうがいする

水(生理食塩水) 1リットル 食塩 9g

温度は人肌の温かさ

「エー」といいながら、ボトルをしぼると鼻の穴の反対側からこの液が出てくる

2.交感神経を活発にする体操

脇をしめて、首を引き上げる

①足を肩幅に開き!

②手を腰の後ろで組む

③脇を思い切り締める

④お辞儀をしながら腕を引き上げる

⑤「スウ~と」息を吐きながら、首をできるだけ持ち上げて、5秒間キープ!

⑥息を吸いながら体を緩めて体を起こす

⑦一度に10回ずつ、朝昼晩にする。



いまや国民病ともいえるほど多くの人が悩む花粉症を、
軽減する作用があると確認された幻の柑橘「じゃばら」
への注目が集まり、テレビや雑誌などのメディアも殺到
詳しくは⇒[URL]「北山村産のじゃばらサプリ。」



南雲吉則先生の花粉症対策


花粉症、鼻づまり、鼻グズグズは 睡眠不足・集中力欠如・イライラ感・食欲不振等 といった不快な症状を引き起こします。

同様に頭痛や頭重感、微熱やだるさなどの全身症状にも 悩まされ、昼間の仕事に深刻な影響を与えることも あります。

特に、車の運転などが必要な仕事は命とりですよね。
危険物を扱う仕事も。。

花粉症対策は、薬物療法/減感作療法/手術療法など いくつかの治療法を医師とよく相談しながら行う 必要があります。

それとは別に、花粉症対策として「南雲吉則先生」の方法が 著書『50歳を超えても30代に見える生き方』で紹介 されていましたので、見てみましょう。

南雲吉則先生は、この方法でずっと悩まされていた花粉症 の発作がピタリと出なくなったそうです。

その方法は、

①外出時はマスクを外す

②口呼吸で花粉を吸い込むようにする

③薬は全く使用しない

 ⇒花粉症の症状(しゃみや鼻水)を抑える「抗ヒスタミン薬」など

④寝起きに濃いめの「ゴボウ茶」を飲む

 ⇒薬の代わりに飲む。

  ゴボウ茶は、慢性やアレルギー性の皮膚炎や気道炎に   高い効果があることからアトピーやぜんそく、花粉症などの   症状にもたいへん有効。

⑤かゆくなっても鼻をすすらず、目をかかない

 ⇒鼻をすすったり目をこするとそこから花粉が侵入するため。

①、②のマスクをせず、口呼吸で花粉を吸い込むとする根拠は、 鼻から入った花粉には「免疫」が作用し鼻水やくしゃみなどの アレルギー反応が起こり安くなる。

その一方、口から入るものに関してはアレルギーが起こりにくく なっているからだそうです。

試してみる価値はあるかと思いますが、花粉が飛び交う中、 マスクをしないのは少し勇気がいることかもしれません。

いまや国民病ともいえるほど多くの人が悩む花粉症を、
軽減する作用があると確認された幻の柑橘「じゃばら」
への注目が集まり、テレビや雑誌などのメディアも殺到
詳しくは⇒[URL]「北山村産のじゃばらサプリ。」

特許取得の北山村産のじゃばらサプリメント▼▼




いかがでしたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。

▼▼おすすめ悩み解決[PR]▼▼

乳酸菌とは

今がお徳!ツタヤレンタル

便秘の方に

加齢集臭が気になるなら

防災グッズに一気に揃う

特許取得!育毛剤

背中ニキビ!大丈夫?

花粉症にじゃばら

痛風でお悩みの方必見

赤ら顔対策

超音波&EMS(痩身)



TOPページへ戻る ⇒ 花粉症の悩みに役立つテレビで紹介された対策とは


Copyright © 2011 花粉症の悩みに役立つテレビで紹介された対策とは. All rights reserved.

特定商取引法に基づく表示