ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ 特集サイトへようこそ!
スタンリー・キューブリック監督映画作品コメント

スタンリー・キューブリック監督映画作品!オススメ作品 <<<ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ



【スタンリー・キューブリック監督】

スタンリー・キューブリック
(Stanley Kubrick, 1928年7月26日
- 1999年3月7日)は、

アメリカ合衆国ニューヨーク州
ニューヨーク市ブロンクス生まれの
映画監督。

のちにイギリスに移住。

イギリス・ハートフォードシャーの
自宅で心臓発作で息を引き取った
とされるが、正式な死因は明らかに
されていない。

初期の頃より、監督のみならず
映画製作全般にわたり、
すべてを掌握する姿勢をとり続けた。
「完全主義者」といわれ、
特に晩年は映画製作に時間がかかる
ことでも有名だった。

1946年ニューヨーク市立大学
シティカレッジに入学するがすぐに中退。
一時はジャズバンドのドラマーを
目指していたが、
見習いカメラマンなどもしていたようだ。

キューブリック自身は
「どちらかを選ばなければならないとし
たら、チャップリンだ」
とコメントしている。

26歳の時、同い年のジェームス・B・ハリスと組み、
ハリス=キューブリック・プロダクションズを設立。

キューブリック映画の特徴として、

よく動くカメラ、
大画面で深い奥行きの出る広角レンズ。

『時計じかけのオレンジ』以降の
カラー作品では自然光を利用した、
あるいは自然光を模した照明。

恐怖演出として「上目遣いで画面を睨み付ける」
この手法はロジャー・エバートら
評論家からは
「キューブリックの凝視(Kubrick stare)」
と呼ばれている。

12年ぶりの監督作品となった
『アイズ・ワイド・シャット』の完成後、
公開を待たずに心臓発作で死去。

70歳であった。

キューブリックの人柄は、映画からも
伝わってくるが、
「偏屈」
という言葉が似合う気がする。
すべて、「自分の力」といわんばかりの
性格だったよう。

『突撃』、『スパルタカス』の製作者として
キューブリックに活躍の場を与えたダグラスは、
手腕を買っていたのに完成後、
自分を貶める発言を繰り返すキューブリックに
我慢ならず、
自伝に「キューブリックは才能のあるクソッタレだ」
と書いて監督手腕は認めつつも、人間性を批判した
そうだ。

スタンリー・キューブリック監督作品群:

1951年 『拳闘試合の日』

1955年 『非情の罠 』

1956年 『現金に体を張れ』

1957年 『突撃』

1960年 『スパルタカス』

1962年 『ロリータ』

1964年 『博士の異常な愛情』

1968年 『2001年宇宙の旅 』

1971年 『時計じかけのオレンジ』

1975年 『バリー・リンドン』

1980年 『シャイニング 』

1987年 『フルメタル・ジャケット』

1999年 『アイズ・ワイド・シャット』

映画観るなら!ココがオススメ⇒[URL]【TSUTAYA DISCAS】


  「ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ」へ戻る

  映画カテゴリメニュー

  2001年宇宙の旅

  博士の異常な愛情

  スパルタカス

  シャイニング

  現金に体を張れ

  通販メニュー[URL]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ 特集サイトへようこそ!
MENU