ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ 特集サイトへようこそ!
クエンティン・タランティーノ監督映画コメント

クエンティン・タランティーノ監督!オススメ作品 <<<ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ



【クエンティン・タランティーノ監督】

クエンティン・タランティーノ
(英: Quentin Tarantino/
本名クエンティン・ジェローム・タランティーノ 
英: Quentin Jerome Tarantino,
1963年3月27日 - )はアメリカ人映画監督。

タランティーノはテネシー州ノックスビル
(Knoxville, Tennessee)で生まれ、

22歳の時、タランティーノは
マンハッタン・ビーチ(Manhattan Beach)
のビデオショップ「マンハッタン・ビーチ
・ビデオ・アーカイブ」
(Manhattan Beach Video Archives)の店員となり、
ロジャー・エイヴァリー(Roger Avary)
のように客と様々な映画について
語る日々を送った。

レンタルビデオショップ店員として
大量の映画に埋もれ働きながら脚本を書く。
この当時に培った映画の知識が後の映画制作
に役立っている。

主にアジアを中心としたマニアックな
映画・日本のアニメ・音楽に精通しており、
自身の監督作品の随所に独特のセンスが
うかがえる。

そのためか、タランティーノの作風は、

パロディ・オマージュ・引用のほか、

千葉真一(Sonny chiba)や

パム・グリアなどタランティーノが熱狂的な

ファンである俳優を出演させている。

レンタルビデオショップ店員時代に

日本映画にもどっぷりハマっており、

脚本を担当した映画『トゥルー・ロマンス』でも、

主人公のサブカルチャー・ショップの店員が

「Sonny chibaの空手映画のファン」

という設定にしている。

『パルプ・フィクション』では、

ブルース・ウィリスに日本刀での殺陣を行わせた。

三隅研次・『修羅雪姫』(梶芽衣子版)の影響を

強く受けたとされる『キル・ビル Vol.1』では

大葉健二を起用したり、

ファンである日本人映画監督が

石井輝男・石井聰亙・石井隆・石井克人と、

石井姓が多いことにちなみ、

敵のヤクザの名前を「イシイ」としたりなど、

タランティーノの感性を垣間見ることができる。

『キル・ビル Vol.1』は、アジア監督の中では

ジョン・ウーと並んで彼に大きな影響を

及ぼした深作欣二に捧げられている。

タランティーノが現役の監督で初めて

夢中になった監督はブライアン・デ・パルマである。

ハリウッドのパーティでローレンス・ベンダーに出会い、

脚本を書くように勧められる。

タランティーノは『レザボア・ドッグス』

で脚本家・映画監督としてデビューした。

脚本が米映画俳優のハーヴェイ・カイテル

に認められ、彼の出演とプロデュースを受けて、

カンヌ国際映画祭にも出品され、

カルト的ヒットとなった。

世界的にも配給されタランティーノは

デビュー作にして注目されることとなる。

監督二作目『パルプ・フィクション』では

早くもカンヌ国際映画祭・パルムドール(最優秀作品賞)

を始め数々の賞に輝き、

米アカデミー賞脚本賞も受賞、

新しい米映画の旗手として認知されるに至った。

彼の映画製作会社「A Band Apart」は
この社名は映画『はなればなれに』
(ジャン=リュック・ゴダール監督、1964年)
にちなんでいる。

やはり、クエンティン・タランティーノの魅力は、
脚本力だが、
当初、自分で監督できず、脚本を売った作品には、
自分の意図と違った作品もあったようだ。

トゥルー・ロマンスのクエンティン・タランティーノ
が書いたラストは、
クラレンス(クリスチャン・スレイター)
は死ぬことになっていたそうですが、
映画では死なないこととなっています。

ウン!
クエンティン・タランティーノなら殺す
はずと思った方も多いでしょう。

実は、レザボア・ドックスのMr.ホワイト
(ハーベイ・カイテル)の台詞の中に、
出てくる、アラバマは、
このトゥルー・ロマンスに出てくるアラバマ
(パトリシア・アークェット)で、
クラレンスを失くして、いろいろな人間と
組んで仕事をしているという設定だったよう
なのです。

また、脚本をいやいや?売った、
ナチュラル・ボーン・キラーズは、
オリバー・ストーンによる、
タランティーノの意図とは異なる大幅な
ストーリーの変更に強い不満を示し、激怒した。
と言われています。

ただ、トゥルー・ロマンスの方は、
監督トニー・スコットの手腕は素晴らしい!
とコメントしていましたが、
ナチュラル・ボーン・キラーズの方は、
見たくもないと言っていたようです。

タランティーノが監督した両作品も
見たかった気がしますがね。。。

タランティーノ監督作品群:

1992年 『レザボア・ドックス』

1994年 『パルプ・フィクション』

カンヌ国際映画祭パルムドール(1994年)

アカデミー賞脚本賞(1995年)

1997年 ジャッキー・ブラウン Jackie Brown

2003年 キル・ビル Vol.1 Kill Bill: Vol. 1

2004年 キル・ビル Vol.2 Kill Bill: Vol. 2

2007年 デス・プルーフ in グラインドハウス Grindhouse

2009年 イングロリアス・バスターズ Inglorious Bastards

脚本 :

1992年 『トゥルー・ロマンス』

ナチュラル・ボーン・キラーズ

フロム・ダスク・ティル・ドーン

映画観るなら!ココがオススメ⇒[URL]【TSUTAYA DISCAS】


  「ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ」へ戻る

  映画カテゴリメニュー

  レザボア・ドックス

  トゥルー・ロマンス

  パルプ・フィクション

  通販メニュー[URL]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ 特集サイトへようこそ!
MENU