ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ 特集サイトへようこそ!
黒澤明監督傑作映画作品コメント

黒澤明監督傑作映画作品!おすすめ作品 <<<ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ



【黒澤明監督】

1910年3月23日 - 1998年9月6日)
日本の映画監督。

日本では「世界のクロサワ」と呼ばれた
巨匠です。

米国映画芸術科学アカデミー会員。
栄典及び称号は、従三位・文化勲章
・文化功労者・国民栄誉賞・東京都名誉都民。

1910年(明治43年)、
東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井)
の日本体育会(現在の日本体育大学)敷地内
において生まれる。

4男4女の末っ子であり、
父親は秋田県中仙町(現在の大仙市)出身の
元軍人で、体育教師をしていた。

中学生時代には、ドストエフスキー、
トルストイ、ツルゲーネフなどのロシア文学
を読みふけり、人生観、倫理観の形成に
多大な影響を受けた。

初め画家となることを志した黒澤は、
日本プロレタリア美術家同盟に参加。
洋画家・岡本唐貴(白土三平の実父)
に絵を教わり、二科展にも入選しています。

1936年(昭和11年)、
100倍の難関を突破してP.C.L.映画製作所
(後に東宝と合併)に入所。

映画監督・山本嘉次郎の下での
助監督を務め、映画 『馬』(1941年)
などを担当した。

1950年に大映で撮影した『羅生門』は、
1951年にヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞。
その映像感覚が国際的に注目される。
続けてドストエフスキー原作の
『白痴』(1951年)やヒューマンドラマの
傑作『生きる』(1952年)を撮り、
後者でベルリン国際映画祭上院特別賞を受賞。

1954年に発表した大型時代劇『七人の侍』は大ヒットし、
ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞するなど
国際的にも高い評価を受ける。
シェイクスピアの『マクベス』を
日本の戦国時代を舞台に翻案した
『蜘蛛巣城』(1957年)
や娯楽時代活劇『隠し砦の三悪人』(1958年)
を撮った後に、独立プロダクションである
黒澤プロを設立。

時代活劇『用心棒』(1961年)
『椿三十郎』(1962年)、
社会派サスペンスの傑作『天国と地獄』(1963年)

を立て続けに発表し、大監督の名声を確定させる。

1968年に日米合作『トラ・トラ・トラ!』の制作
に参加する。

20世紀フォックス側のアメリカ公式発表では
黒澤は日本側部分の演出担当、
黒澤プロ側の公式発表および日本での報道では
総監督となっていた。

しかし健康問題を理由に制作を離れることとなる。

1970年黒澤が制作を離れた後に完成した
『トラ・トラ・トラ!』についての
週刊朝日のインタビューに対し、

黒澤は「見ていないし、見たくもない、
当時の改善提案が修正されているとは思えない。

済んだことであり興味がないし蒸し返すのは
もうたくさんで、忘れてしまいたい」
旨の内容を答えている。

1970年10月 山本周五郎『季節のない街』を
原作、木下惠介、市川崑、小林正樹らと
結成した四騎の会製作とし、
黒澤個人の邸宅を抵当に入れて資金を確保し、
初のカラー作品『どですかでん』を
撮影・公開するが、商業的には失敗となる。

1971年末、自殺未遂事件を起こす。

日本の映画産業の衰退の時期と
重なったこともあり、
この後は5年おきに撮るようになった。

1975年にソビエト連邦から招かれ
(日本のヘラルド映画社がロシア側に接触して、
「黒澤を招いた」という形になるようお膳立てした)、
ごく少数の日本人スタッフを連れて
ソ連に渡り『デルス・ウザーラ』を撮った。

ソ連の官僚体制の中で思うように撮影が進まず、
シベリアのタイガでのロケーション撮影は
困難を極めた。

完成した作品は、それまでの作風と異なり
極めて静的なものであったために日本国内では
評価が分かれたが、
モスクワ映画祭金賞、
アカデミー外国語映画賞を受賞。

ソ連側の期待に十分に応え、
日本国外では黒澤復活を印象づける作品となる。

1976年11月、日本政府から文化功労者として
顕彰される。

その後も外国資本参加による映画制作が続き、
ジョージ・ルーカス、
フランシス・フォード・コッポラを
外国版プロデューサーに配した『影武者』(1980年)、
フランスとの合作の『乱』(1985年)、
米ワーナー・ブラザーズ製作で
スティーブン・スピルバーグ提供の『夢』(1990年)
などの作品を監督。

1985年11月、文化勲章受章。

1990年米アカデミー名誉賞を受賞。

ルーカスとスピルバーグが、
「現役の世界最高の監督です。
“映画とは何か”に答えた数少ない映画人
の彼にこの賞を送ります」と紹介した。

『八月の狂詩曲』(1991年)、
『まあだだよ』(1993年)に続く次回作として
予定されていた『雨あがる』の脚本執筆中に、
京都の旅館で転倒骨折。

療養生活に入り1998年9月6日脳卒中により死去。
88歳没。

同年10月1日、
映画監督としては初の国民栄誉賞を受賞、

翌1999年には米週刊誌『タイム』アジア版で
「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選ばれた。

また、黒澤明といえば、三船敏郎です。

ジョン・フォードとジョン・ウェイン、
マーチン・スコセッシとロバート・デ・ニーロ
と同じように強固な関係です。

黒澤は、1948年の『醉いどれ天使』にはじまり、
1965年の『赤ひげ』まで計16本の映画に
三船敏郎を起用し、
頻繁に主演として使った。基本的に役者に
惚れこむ事の無い事で知られる黒澤も、
三船敏郎だけは別。。

黒澤は
「三船君は特別の才能の持主で代わる人
がいないんだ」
と語っている。

黒澤の世界的な評価と同時に三船も
「世界のミフネ」として海外で広く知られる
存在になっていった。

ただ、
「赤ひげ」を最後に黒澤は三船を使わなくなり、
そのため2人の関係は様々に取り沙汰される
ことになります。

残念ながら、それ以降、作品のテーマも
変わってしまします。

私生活の黒澤はグルメで知られ、

大の「肉好き」だったようだ!

また、酒も煙草も嗜み、

特にウイスキーが大好物で、
当時まだ珍しかったジョニーウォーカーやホワイトホース
を愛飲していました。

<黒澤明監督作品>

1943年 『姿三四郎』

1944年 『一番美しく』

1945年 『續姿三四郎』

1945年 『虎の尾を踏む男達』

1946年 『明日を創る人々』

1946年『わが青春に悔なし』

1947年 『素晴らしき日曜日』

1948年 『醉いどれ天使』

1949年 『静かなる決闘』

1949年『野良犬』

1950年 『醜聞』

1951  『羅生門』

1951年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞
・イタリア批評家賞、
1951年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞監督賞、
1953年アメリカ監督組合賞ノミネート、
1952年米アカデミー賞名誉賞(現在の外国語映画賞))

1951年 『白痴』

1952年 『生きる』

1954年ベルリン国際映画祭ベルリン上院特別賞

1954年  『七人の侍』

1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞

1955年 『生きものの記録』

1957年 『蜘蛛巣城』

1957年 『どん底』

1958年 『隠し砦の三悪人』

1958年ベルリン国際映画祭銀熊賞監督賞・国際批評家連盟賞

1960年 『悪い奴ほどよく眠る』

1961年 『用心棒』

1962年 『椿三十郎』

1963年 『天国と地獄』

1965年 『赤ひげ』

1965年ヴェネツィア国際映画祭国際カトリック映画事務局賞
   (OCIC Award)、
 モスクワ映画祭ソ連映画人同盟賞、
 フィリピン・マグサイサイ賞ジャーナリズム部門賞

1970年 『どですかでん』

モスクワ映画祭映画労働組合賞

1975年 『デルス・ウザーラ』

1975年モスクワ映画祭金賞・国際連盟批評家賞、
1976年米アカデミー賞外国語映画賞、
1977年伊ダビデ・ディ・ドナテルロ賞監督賞(外国語)、
1977年イタリア批評家協会賞監督賞(外国語)、

1980年 『影武者』

1980年カンヌ国際映画祭パルム・ドール、
1981年英国アカデミー賞監督賞、
1981年セザール賞外国語映画賞、
1981年イタリア批評家協会賞監督賞(外国語)、
1981年伊ダビデ・ディ・ドナテルロ賞監督賞(外国語)、
1981年ベルギー映画批評家協会監督賞

1985年 『乱』

1985年米アカデミー賞監督賞ノミネート、
1985年全米批評家協会賞作品賞、
1985年ニューヨーク批評家協会賞外国映画賞、
1985年ロサンゼルス批評家協会賞外国映画賞、
1985年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞監督賞、
1985年ボストン批評家協会賞作品賞、
1986年伊ダビデ・ディ・ドナテルロ賞監督賞(外国語)、
1987年英国アカデミー賞外国語映画賞、
1987年ロンドン映画批評家賞監督賞

1990年 『夢』

1991年 『八月の狂詩曲』

1993年 『まあだだよ』

受賞歴
1979年 モスクワ映画祭名誉賞
1980年 カンヌ国際映画祭35周年記念特別表彰
1982年 ヴェネツィア国際映画祭栄誉金獅子賞(Career Golden Lion)
1984年 第2回川喜多賞
1985年 文化勲章
1986年 アメリカ監督組合賞特別賞
1990年 米アカデミー名誉賞
1990年 日本国福岡市 福岡アジア文化賞創設特別賞
1992年 アメリカ監督組合賞生涯功労賞
1992年 高松宮殿下記念世界文化賞 演劇・映像部門賞
1998年 国民栄誉賞

詳しくは⇒[URL]黒澤明監督作品 AKIRA KUROSAWA THE MASTERWORKS Blu-ray CollectionI(7枚組)

詳しくは⇒[URL]黒澤明監督作品 AKIRA KUROSAWA THE MASTERWORKS Blu-ray Disc Collection III (7枚組)

ドナルド・リチー氏…黒澤明映画、最高の理解者!詳しくは⇒[URL]黒沢明の映画 (現代教養文庫)

映画観るなら!ココがオススメ⇒[URL]【TSUTAYA DISCAS】


  「ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ」へ戻る

  黒澤明映画カテゴリメニュー

  赤ひげ

  生きものの記録

  羅生門

  七人の侍

  静かなる決闘

  天国と地獄

  酔いどれ天使

 

  通販メニュー[URL]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

ハードボイルドマフィア映画とスコッチウイスキー!私のおすすめ 特集サイトへようこそ!
MENU