秋の抜け毛本数は1日200本!これよりひどい大量の抜け毛があるならへようこそ!



秋は抜け毛が気になる季節です!



秋は、体力的にはもちろん、髪にも"夏の疲れ"が影響する季節です。

排水口やブラシに絡んだ髪、枕元の抜け毛の量の変化で 「抜け毛が増えた!」と感じる季節ですし、

「髪に元気がなくなった」など髪のボリュームのも不安を感じる季節です。


沢山の抜け毛を見つけると「このまま髪が薄くなってしまうのかも」 と不安になってしまいますよね。

一般的に髪が抜けやすいのは、夏の終わりから秋にかけてで、 紫外線の影響や季節の変わり目で体調を崩しやすいなど、 様々な原因が考えられます。

ただ、「いつもと違うな」と感じたら、AGA頭髪専門のクリニック などを受診し、専門医師に診断してもらうのが、 抜け毛の悩み解消の第一歩です。

秋の抜け毛本数は1日200本!これよりひどい大量の抜け毛があるなら

秋の抜け毛の本数は?


自然に抜け落ちる毛は1日に約100本と言われていますが、 秋には抜け毛が増えることもあり、1日200本前後抜ける場合もあります。

髪の成長速度は、気温が 高くなる4月頃から速くなり、 7〜8月にピークを迎え、9月以降は徐々に遅くなっていきます。

秋に抜け毛が増える大きな理由は、動物の毛の生え変わり現象 の遺伝子が人にも残っているためです。

毛髪には毛周期(ヘアサイクル)があり、 成長期→退行期→休止期 という段階があり、 これを繰り返しています。

毛髪全体で約85%程度が成長期にあたり毛周期が正常であれば、 毛髪の量は一定に保たれるようになっています。

抜け毛の本数とともに毛根や毛先のチェックもしてみましょう。

抜けた毛を確認し太い抜け毛が多く、しかも毛根がマッチ棒の頭 のように適度に膨らんだ形状となっている抜け毛が多い場合は、 正常と判断できます。

しかし、細い抜け毛が多かったり、毛の根の毛球の下にしっぽの ようなものがついていたり、左右が対象でなかったり、 抜け毛が多い場合は、毛乳頭や毛母細胞の働きが低下して毛周期が 短縮しています。


秋の抜け毛!本数増加の原因


なぜ、秋には抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

その理由は「夏の紫外線」にあります。

紫外線は1年中降り注いでいますが、もっとも強いのは6月前後。

そして真夏には、アウトドアやリゾートへの旅行などで、 長時間直射日光に当たる機会が増えます。

この夏に浴びてしまった紫外線や噴出する大量の汗や皮脂、クーラーの乾燥、 プールの塩素にさらされたりと、夏の頭皮環境は1年の中でも最悪と 言っても過言ではありません。

夏の間、ダメージは髪と頭皮にじわじわと蓄積します。

そして日差しや汗が落ち着いてきた秋になってから、 抜け毛に焦る人が多くなるというわけです。

いつまでも美しい髪でいる為には、抜け毛が増える前の 夏の時期からしっかりとケアできれはそれに越したことは ありません。


秋の抜け毛の本数を減らすために夏にやっておくべきこと


具体的には

・帽子やUVスプレーなどで髪を紫外線から守る

・頭皮環境を整える!

 頭皮にもお肌同様、保湿と栄養補給が大切です。

・睡眠を十分に摂り、規則正しい生活を心がける

の3つがあげられます。

また、抜け毛が増えるタイミングとして最も目立つのがシャンプー時であり、 1日の抜け毛のうち、50〜70%はシャンプー時に脱毛するようです。

あまり、激しく洗髪するのは避けましょう!


髪のヘアサイクル(生え変わり)


髪には寿命があり、一定期間を過ぎると必ず抜けて、 また新しい髪へと生え変わります。

髪の毛は、毛根にある毛母細胞の分裂によってつくられるもので、 伸びては抜け、再び生えるというサイクルを繰り返しています。

これをヘアサイクルと呼びます。

髪にはヘアサイクル(毛周期)があり、 成長期(2〜5年)→退行期(2〜3週間)→休止期(2〜3か月) を繰り返し、古い髪の毛と新しい髪の毛の生え変わりをたえず 行っています。

成長期とは、

1つの毛母細胞が盛んに1本の髪を生成し続ける期間。

「退行期」とは、

毛母細胞の分裂が終わって、髪の毛の伸びが止まる期間。

「休止期」とは、

髪の毛が抜け落ちる期間。

です。

また1本の髪が抜けるまでの期間は女性と男性では異なり、 男性は2〜5年で女性は2〜6年と言われています。

2〜5年や2〜6年と期間に幅があるのは年齢や頭皮の状態によって異なるからで、 一般的に加齢によりヘアサイクルは短くなると言われているので 「抜け毛が増える=老化」という事が言えます。

また、「抜け毛が増えた」と感じる時というのは、 このヘアサイクルが乱れていて、成長期が短くなってしまっている 状態かもしれません。


AGA治療!お薬(内服薬・外服薬)について


秋口に増える抜け毛などは「一時的な脱毛」に入りますが、 いっこうに抜け毛が治まらない方の中には、 男性型脱毛症(AGA)や加齢に伴う脱毛の可能性もありますので、 早めに専門の医療機関へ受診してみましょう。

私の通院するAGAクリニックでは、内服薬・外服薬が処方されます。

内服薬は、ミノキシジル、フィナステリド(プロペシア)とサプリメント(亜鉛) です。

薬は何段階かに分けて強くしていきます。

ミノキシジルには内服薬と外用薬があり、外用薬には、 液体とジェルの2種類あります。

私は、ミノキシジルを6%配合したものを処方されています。
(リアップX5では、ミノキシジル5%配合)

フィナステリド(プロペシア)とサプリメント(亜鉛)はタブレット(錠)だけです。


AGA治療の心配な副作用


副作用としては、体毛が濃くなる、頭皮のかぶれ、かゆみ、 まれに手・足・顔のむくみ、血圧低下、心拍数の上昇などの 心臓への副作用、性欲減退等が挙げられています。

私の場合、今のところ、体毛が濃くなったくらいですかね、副作用は。


ミノキシジル、フィナステリド(プロペシア)の副作用が気になる方に


もし、ミノキシジル、フィナステリド(プロペシア)の副作用が気になる方には、 この「ポリピュアEX」はオススメです。

ミノキシジルとは違う特許成分”バイオポリリン酸”は
育毛命令をダイレクトに毛乳頭へ送るという優れものです!

高額な育毛サロンに通う前に、世界各国で”特許”として
認められた薬用育毛剤を試してみては!詳しくは▼▼▼▼▼▼



ポリピュアEX


今、フィナステリド(プロペシア)に似た脱毛抑制効果をもつと期待されている のが、話題の育毛成分「ノコギリヤシ」です。

私はたまたまホンマでっかTVを見て、「ノコギリヤシ」を知りました。

フィナステリドには副作用があり、また使用をやめると一気に リバウンドして服用前よりも抜け毛が進行することもあるなどの デメリットがある、購入が容易ではないなどの理由から「ノコギリヤシ」 が人気となっているようです。 ノコギリヤシ(ソーパルメット)や亜鉛などを配合した育毛サプリメント や育毛シャンプーも販売されています。

また、頻尿予防に効くといわれています。


私の場合、長い会議や新幹線移動の際、気になって いたので、ちょうどいいと思い飲んでいます。

詳しくは▼▼▼▼▼▼


小林製薬のノコギリヤシEX



猫毛・細毛でお悩みの方

  抜け毛対策メニュー

  AGA抜け毛サイクル

  抜け毛薄毛の原因

  禁煙と抜け毛

  食事(必須栄養素)

  抜け毛とシャンプー

  ミノキシジル副作用

  フィナステリド副作用

  女性の育毛剤

  オススメ通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

秋の抜け毛本数は1日200本!これよりひどい大量の抜け毛があるならへようこそ!
MENU