頭頂部の薄毛(カッパハゲ)に効くAGA治療 特集サイトへようこそ!
頭頂部薄毛(カッパハゲ)AGA治療TOPAGA対策コメント

ミノキシジルの効用 :<<<頭頂部薄毛(カッパハゲ)AGA治療



ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、体内の血管を拡張し、 血流を促進する働きがあります。

もともとは1970年代後半に経口血圧降下剤として 高血圧患者に処方されていた経口薬でしたが、 投薬された患者の多くに多毛症が見られた ことから、発毛効果を有していることがわかりました。

後に正式に育毛成分として研究され、1980年代、 米国の『アップジョン社(現ファイザー社)』の 発毛剤『ロゲイン』として販売を開始しました。

このロゲインを皮切りに、現在までにさまざまな ミノキシジル系発毛剤が開発・販売されており、 日本では『大正製薬リアップ』が代表的な ミノキシジル医薬品として販売されています。

ただし、ミノキシジルの含有量が少ないのが 難点かもしれません。

ミノキシジルは脱毛抑制のプロぺシアとは異なり、 直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、 髪成長を早める働きをします。

ミノキシジルは飲むタイプと、頭皮に塗るタイプの2種類 がありますが、ミノキシジルの効果が出るまで、最低6ヶ月は必要と いわれています。(個人差あり)

ミノキシジルには副作用がありますので、通常クリニックでは まず、少量で試し、副作用が起きないかが確認されます。

また、6ヶ月使用しても効果がない場合は、 ミノキシジルが体質に合わない、又はハゲ(薄毛)の原因が AGAではない等の可能性が考えられるので、使用を中止するか 検討したほうがいいかもしれません。

  「頭頂部薄毛(カッパハゲ)AGA治療TOP」へ戻る


  オススメ通販メニュー[PR]

  インターネット接続         

  酵素ダイエット         

  英会話         

  メンズエステ         

  結婚相談所         

  中高年婚活         

  避妊         

  防犯&防災         

  ラブコスメ         

  視力回復         

  歯が茶色         

  更年期障害         

  頻尿         

  便秘解消         

  加齢臭         

  禁煙         

  ムダ毛処理         

  M字薄毛         

  ニキビ         

  ぷよぷよお腹         

  更年期障害         

  もの忘れ         

  痛風&血糖値         

  乾燥肌         

  小顔になる         

  美肌になる         

  毛穴汚れ         

頭頂部の薄毛(カッパハゲ)に効くAGA治療とは 特集サイトへようこそ!
MENU